親子で通って学べる知育型歯科クリニック かわべ歯科・キッズプラス

ご予約・お問い合わせは 044-850-1302 9:00~12:30/14:00~18:00 木・日・祝 休診

正しくならべる(ムーシールド、マルチファミリー、床矯正)

正しくならべる
(ムーシールド、マルチファミリー、床矯正)

HOME | 診療について | 正しくならべる(ムーシールド、マルチファミリー、床矯正)

かわべ歯科ではお子様のための「永久歯が生えそろう前にできる矯正治療」をおこなっています。通常の矯正に比べ、痛みがほとんどなく負担が少ない、取り外しが簡単、費用が安いなど多くの利点を持った矯正治療です。

かわべ歯科ではお子様のための「永久歯が生えそろう前にできる矯正治療」をおこなっています。通常の矯正に比べ、痛みがほとんどなく負担が少ない、取り外しが簡単、費用が安いなど多くの利点を持った矯正治療です。

イメージ

歯並びが悪いとこんなことになります

歯並びが悪いとこんなことになります

虫歯や歯ぐきの病気になりやすい
歯が重なりあっていたり、かみ合わない歯があると、食べ物のカスがたまりやすいうえに歯みがきがしにくく、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。
物をかみにくい
歯並びが悪いと、どうしても物がかみにくく消化不良などの原因となり、からだの健康や発育にまで悪い影響を与えてしまうことがあります。
正しく、はっきりとした発音がしづらい
ひどい出っ歯、上下の歯がかみ合わない、うけ口…などの場合、電話での会話や外国語を話す時に正しい発音ができず、相手に意味が通じないことがあります。
顔がゆがんで成長してしまう
歯並びは、顔貌を大きく変化させます。
目も目尻も上あごの骨の上に載っているため、上あごの骨が発育しなければ、目がたれたり、目の下にシワが出来たりします。その他にも、左右非対称な顔や唇が下がったりなど色々と悪影響が出てしまいます。
あごの成長を妨げる
歯並びが悪いと、あごの成長にも影響し、上下のあごのバランスが悪くなったり、顔が左右対称でなくなったりします。
心理的な影響を与える
悪い歯並びを気にして人前で話したがらなくなったり、容姿を気にしたりして、友達づきあいも消極的になってしまう傾向があります。
肩こり頭痛の原因にも…
歯並びは骨格に影響しています。
それは顏だけではなく体全体の骨格に影響するのです。
骨格に影響するということは骨につながっている筋肉にも影響がおこります。このことによって姿勢が悪くなって肩こりや偏頭痛を引き起こしてしまうこともあります。

このように歯並びが悪いと体全体に影響があるので、ストレスや原因不明の病を引き起こすこともあるのです。

お子様の状態応じたプレ矯正装置

お子様の状態応じたプレ矯正装置

永久歯が生え揃う前にできる矯正治療

永久歯が生え揃う前にできる矯正治療

永久歯が生え揃う前にできる矯正治療とは、歯を抜かずに最新の生体力学を応用した器具を作成し、それを装着することによって歯を動かす方法のことです。お子様の歯の状態に応じて、下記の装置を使い分けます。

イメージ

どちらも舌の位置を改善し、口腔筋肉が正常に働くように訓練する装置です。取り外しができるマウスピース型の矯正装置で、主に寝ている間と日中の1~2時間に使用するためお子さまへの負担も最小限におさえることができます。

ムーシールド

ムーシールド

ムーシールドは幼少期(3歳ごろ)から始めることのできる矯正治療で主に受け口(反対咬合)の治療に用います。

ムーシールドの目的

ムーシールドの目的

3歳児検診の段階で、受け口(反対咬合)の子供さんが4~5%の割合で見つかります。
確かに、「成長してゆくに従って、受け口が治る」こともあります。ですが、実際に治る子どもの割合については検診で受け口と診断された子の10%にも満たないのが現状です。それ以外の子供さん達は、治療を始めるが遅くなればなるほど受け口は残ってしまう場合が多いのです。
そうなってしまうと、一般矯正(ワイヤーで矯正する治療)になってしまい、時間と費用がかかります。
よって、なるべく早い段階でが重要になります。
ムーシールドは、「歯並びを治す」というよりも、「子供の顎の成長を利用して咬み合わせを正常なものにしようとさせる」という目的で使用するものです。
仮に噛み合わせの異常が残り、一般矯正に移行することになっても、ムーシールドを行っていた分だけ、スムーズに矯正治療が進みますので、何れにせよ早い段階での治療には大きなメリットがあります。

ムーシールドの使用方法

ムーシールドの使用方法

イメージ基本的には就寝中に装着して頂きますが日中も装着していただくと、より効果的です。
しっかり使用していただければ3~8ヵ月ほどで改善していきます。しかし、改善後すぐに使用を中止しますと後戻りの可能性が高いため、正しい筋機能を覚えるために改善後も1年以上は装着し続けることをおすすめします。

ムーシールドの費用

ムーシールドの費用

ムーシールドの費用一覧

ムーシールドの症例

ムーシールドの症例

ムーシールドの症例画像

マルチファミリー

マルチファミリー

マルチファミリーは5歳から永久歯が生え揃う頃までに使用できる矯正治療で、上顎前突(出っ歯)、過蓋咬合(かみ合わせが深すぎる)、開咬(前歯がかみ合わない)、叢生(歯が重なり合っている)の治療に用います。
かみ合わせや舌の位置を誘導しながら、同時に鼻呼吸のトレーニングもできるようになっています。また、反対咬合と叢生がある場合は、ムーシールドを卒業後にマルチファミリーで治療していきます。

マルチファミリーの目的

マルチファミリーの目的

マルチファミリーは柔らかいシリコン製で、歯と歯茎などに優しい力をかけることによって歯並びを改善させようというものです。
鼻呼吸のトレーニングができるようになっているのも、歯並びだけでなく正常な嚥下(食べ物の飲みこみ)やいびき防止の効果もあります。
ただ、残念ながらすべての歯列不正を完全に供することを約束するものではありません。不正なかみ合わせの原因となった筋力や習癖を取り除き、歯の生える方向を誘導する結果として、矯正治療の効果が発揮されます。
ムーシールドと同様、直接的な矯正力を持つものではありませんが、正しく使えていれば効果は現れ、良好な歯列を形成してくれます。
十分な装着時間がないと効果が現れないため、お子様が使用するにあたって、ご家族の協力が不可欠となります。

マルチファミリーの使用方法

マルチファミリーの使用方法

イメージ日中1時間以上と就寝中に装着します。
正しく装着していただければ1年ほどで改善していきます。

マルチファミリーの費用

マルチファミリーの費用

マルチファミリーの費用一覧

マルチファミリーの症例

マルチファミリーの症例

マルチファミリーの症例画像

いつが矯正治療のタイミング?

いつが矯正治療のタイミング?

まずは永久歯が生えそろう前にできる矯正を行い、改善効果が薄いと感じられれば通常の一般矯正を行う、といった流れが理想的だと思います。
永久歯列の完成後に当院でも行っているマウスピース型の矯正、アソアライナーを行えば比較的短期間で矯正ができますし、仮に抜歯矯正が必要となった場合も、個人の歯それぞれにあわせたオーダーメイドの矯正装置を使用して、正確に矯正治療をして下さる矯正専門医の先生と連携して診療にあたっておりますので、その際はそちらにご紹介も可能です。

〒213-0011 川崎市高津区久本3丁目2-18 エムビル2F TEL.044-850-1302

  • かわべ歯科 本院のサイトへ

Copyright (C) Kawabe Dental Clinic ・ Kids Plus All Rights Reserved.

044-850-1302